サラリーマンでも大丈夫、デリヘルドライバー

デリヘルドライバー

 

普段はサラリーマンとして日々活躍?(汗)している僕ですが、ちょっと収入を増やしたいなと思って始めたのが、「デリヘルドライバー」。

 

デリヘルっていうのは風俗の一つで、知っている人は男性ならほとんどでしょうけれども^^

 

一応、ご存じない男性のために。

 

デリヘルとは?

 

デリヘル、正式にはデリバリーヘルスという性的なサービスを行う業種です。

 

もちろん、女性が男性に対して行うサービスなのですけど、中には男性が、というのもあるそうですが、僕は知りません。

 

簡単に言っちゃうと、女性がお客さんの自宅などに行ったり、お客さんとホテルで待ち合わせしたりしてエッチなことをするという風俗業の一つが「デリヘル」というものです。

 

ちなみに、デリヘルでは本番、いわゆる挿入(最後まで)はありません。

 

綺麗な女性のお口や手で気持ちよくしてもらうサービスのことです。

 

そして、女性が自身でお客様のもとにいくわけでなく、送り届ける役目をするのがデリヘルドライバーのお仕事です。

 

気になる給料とデリヘルドライバーの仕事内容とは?

 

僕はこの数年間に渡り4店舗ほどのデリヘルドライバーをやっていたのですが、給料は他の人材派遣などの仕事や運転手・ドライバーよりも安いです。

 

時給の会社、お店が殆どで850円プラスガソリン代、時給1000円でガソリン代込みなどの給与体系が多いです。

 

大手のデリバリーヘルスのほうが待遇は良かったように思えます。

 

しっかりとしているところであれば、ガソリン代は全部負担のお店もあります。

 

夏場の暑い中に自分のガソリン代でアイドリングでクーラーを、ということもないのが良かったです。

 

そのお店は出勤前に満タンに給油をします。そして、上がり時間の少し前にガソリンを満タンにして、領収書を持っていくと給料と加算されてお支払いしてれました。

 

その他の大手に近いお店では走行距離に応じたガソリン代支給です。

 

例えば、1キロ走れば15円を支給してくれるパターンもあります。

 

ただ、そのようなガソリン代支給は走った距離に応じてなので、アイドリングなどは含まれません。

 

そのため、夏のカンカン照りの日中のデリヘルドライバーにとっては自腹での社内待機となります。

 

ハイブリッド車などのいい車でしたら、そこまで考えていなかったとは思いますが、軽自動車でしたのでアイドリングをなるべくしないようにと気を使うようにはなりましたね。

 

その他の個人店規模のデリヘルでは、ガソリン代込みの1000円とか、デリヘルドライバーの給料はホントお店の方針やオーナー次第ということになります。

 

そのあたりは、面接時にしっかりと確認して、納得して働くのが良いかな〜と思います。

 

デリヘルドライバーの仕事内容としては、当然のことながら運転業務がほとんどです。

 

ただし、大手のお店などは、デリヘル嬢のための住まい(寮)や待機所があるために、掃除などもしなければならないところがあります。

 

運転だけやっていればいいというのは、大手では少ないのかもしれません。

 

ただ、出稼ぎ嬢がメインの準大手(といっても10店舗ぐらいの規模)のお店では、寮はなくすべてホテル待機だったので、掃除はまったくなくドライバーだけということもありました。

 

その他の仕事というと、タオルの洗濯や待機所の清掃など簡易的な仕事があります。

 

これもお店によってはスタッフが掃除をするお店もありますし、入ってみないとわかりません。

 

デリヘルドライバーは嬉しい日払い給料が普通、そして税金もないし?

 

人材派遣等のお仕事では日払いなどもあるとは思いますが、デリヘルドライバーも基本的には日払いの給料が多いです。

 

というか、僕がやっていた4店では全て日払いの給料でした。

 

働いたその日に給料がもらえるのはサラリーマンの僕にとってはありがたいことでしたね。

 

そして、サラリーマンにとってもっと嬉しいことが、税金がかからない。(今でも詳しくは不明)

 

というのが大きな魅力。

 

でも、店によっては入店時にマイナンバーをというお店は確定申告しないとサラリーマンの場合はやばいです^^;

 

とにかく、僕が働いたデリヘル店はそういう話はなかったです。

 

確定申告して、所得に加算されたらナンのために働いているか、わからないですからね〜。

 

そういう点ではオイシイバイトではないかと思います。

 

※日払い給料に付いては、聞いた話ですが、週払いの店舗も一部あるようでした。
ドライバーの面接時に確認しておくべきですね。
ちなみに、僕はサラリー感覚ですので、何も言わずに働いたのですが、いきなり日当を計算してもらったのにはびっくりしました(笑)。

 

デリヘルドライバーバイトは車持込み、軽自動車でもOK

 

都会の高級店舗などは知りませんが、僕は関西の地方都市でしたので、車の持ち込みができるのであれば軽自動車でも問題なく面接はパスします。

 

ただし、デリヘル嬢を助手席には乗せることは殆ど無いので、4ドアの軽自動車でないとだめです。

 

助手席に乗せるのは女性をまとめて3人乗せる場合等に限ります。

 

車を持っていて、車持込みのバイトなどを探している人には基本的に楽なバイトですので、検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

デリヘルドライバーの絶対的禁止事項

 

ほとんどのお店で入店時に誓約書を取られます。

 

それは、女性と男女の関係にならない。という点です。

 

これははっきり言って、絶対に守るべきでしょう。

 

1店舗だけめちゃめちゃゆるいお店もあって、「やってもいいけど、出勤さえ、させてくれればいい」という適当な店もありましたが、例外中の例外だと思います。

 

女性は商品ですので、その点だけは厳しく考えたほうが良いです。

 

ほとんどのドライバーは女性に手を出さないというのは守っているのですが、それを期待してデリヘルドライバーになる不届き者のおっちゃんもいたことは事実です(大汗)

 

ただし、女性のネットワークであっという間に広がりますので、いろんなお店を転々とすることになるのは間違いないでしょう。

 

多分、そういったドライバーは今まで痛い目にあったにもかかわらず、病気みたいなものだとは思いますが。

 

痛い目と言っても、昔ながらの怖い人が・・・・・ということはなく、罰金となるはずです。

 

誓約書には罰金50万円とか、100万円という金額が書かれています。

 

デリヘルドライバーは夜間・深夜だけでなく昼間もあります

 

飲み屋さん・キャバクラのようなイメージでよる・深夜のイメージが強いデリヘルの送迎ドライバーですが、昼間の求人も意外に多いです。

 

昼間に営業しているお店では昼もドライバーがほしいですからね^^

 

僕も昼間にやったことはあるのですが、意外に仕事をサボっているお客様が多いな〜という感想でした(笑)。

 

運転が好きな人にはおすすめです

 

僕の場合は運転が好きという理由とお金が欲しいという理由でデリドラをやっていたのですが、掃除等以外は肉体的な労働はありません。

 

運転が好きじゃない、苦痛であるっていう人には難しいかもしれませんが。

 

車の運転が好きであれば、デリヘルドライバーの求人を探してみると良いかもしれませんね。

 

デリドラといえば、男性というイメージもありますが、大手の風俗店では女性のドライバーさんもいました。(昔はデリヘル嬢だった)

 

覚えることもあまりないので、車がすきで道を覚えるのが苦にならないのであれば楽しんでみてくださいね^^

 

 

 

 

トップへ戻る