18歳から40代、50代の熟女までそのデリヘルのお仕事

今から20年と少しぐらい前から法改正によって誕生したデリバリーヘルス(デリヘル)。

 

お金がなくなった、その日に1万円が必要といった女性がどうしようもなくて始めるのがこのデリヘルというお仕事。

 

出勤も自由、店にもよるがあまりうるさいことを言われることもない。

 

稼ぎは自分次第、といった女性なら身体一つで稼げる仕事の一つです。

 

ただ、風俗業といえば身知らずの男性といきなりホテルに行ったり、自宅に訪問してエッチなことをしなければならない。

 

そんなハードルがあるのも事実。

 

以前の風俗マニア、デリヘル研究科、現デリヘルドライバーの編集長マサがお送りいたします。

 

では、デリヘルのお仕事について

 

全く知らない人に書いていきます。

 

簡単に言ってしまうと、デリヘルのお仕事は男性を手や口を使って男性を気持ちよくさせて、逝かせるというお仕事。

 

つまり、男性を気持ちよく射精させるのがお役目。

 

ソープランドのように本番(挿入、セックス)はない。

 

ないというか、風営法で禁止されているのが本番行為である。

 

もし店舗単位で本番杭などがあれば、オーナーや社長が厳しく罰せられるのです。

 

そのために、デリヘルのオーナーや社長は本番行為を認めていない。

 

例外もあると思いますが^^;

 

デリヘルの仕事につけるのは18歳未満は禁止。18歳以上であれば大丈夫ということです。

 

デリヘルは誰でもできるか?

 

基本的には女性であれば誰でもできる。

 

ただし、どんなお店でもランクやレベルというものが存在しているノオが現状です。

 

60分で7980円という店もあれば、60分15000円というデリヘル店、60分で3万円以上などという都会の高級店もある。

 

採用されるかはその人の容姿など次第と言えます。

 

太っていても、可愛くなくても基本的にフリーパスというお店もあるので、やる気と覚悟があれば誰でもできるのが風俗嬢なのです。

 

デリヘルの女性の収入はどれぐらいか?

 

デリヘルというものは自営業みたいなもので、その本人の資質、容姿、年齡によって稼ぎはかなり変わってくる。

 

実際僕がいままで経験したデリヘル店でのおおよその感想を書いていきます。

 

一番稼げるのは若いこと。つまり、18歳〜25歳ぐらいでキレイ系、もしくはかわいい、そしてスタイルが普通、スレンダー。

 

そういう条件を持っている女性であれば、地方都市の大型店か、大手の系列店などであれば、かなり稼げる。

 

しっかりと勤務すれば、100万という金額も見えるのがこのデリヘル業界です。

 

例えば、12時から20時までの受付だとすると、勤務が8〜9時間となるのです。

 

その間にいいお店だとお客さんが付きっぱなし。

 

休憩時間はホテル間移動の時間だけということもなくもない。

 

そうなると店にもよるが最低5万円〜そういう人も実際にいるのがデリヘルのすごいところ。

 

5万円〜というのはめちゃくちゃざっくりとした金額です。

 

単価などにも関わってきますが、それぐらいの目安はいけると思うのです。

 

逆に、50代の普通のポッチャリ熟女さんの場合だと、8時間いても1本お客さんが付いて5000円で終わる。

 

もしくは坊主(客なし)で収入がまったくないということもあり得る。

 

ただ、長年経営しているデリヘル店の場合は新人さんは別です。

 

俗に言う、新人食いというお客さんの層がどこの店にも一定数いるためです。

 

電話を取ると「とにかく新人さん!」という男性もいるのです。

 

そのために熟女であっても、ブサイクであっても新人のときはお客さんが付く傾向にあるので、最初は上々の気分で家に帰ることになります^^

 

ただし、その新人食いのお客さんの一部でもリピーターにしないと数カ月後、あなたの収入は悲惨なものになるはずなのです。

 

それが身体を使った自営業たるデリヘルの実態です。

 

続く。

トップへ戻る